傷痕の目立たない安心手術

Category

Choices

手術後は絶対安静

» More...

第一印象で重要なのは目

» More...

傷痕の目立たない安心手術

» More...

目を大きく見せたいならまずはカウンセリング

» More...

目尻切開の縫合のやり方

目尻のポケットの部分の皮膚と粘膜を横に切開し、縦に縫合して目尻を外側に広げる方法が目尻切開の一般的な方法となります。横に広がった分を上下に広げる作用がない影響により、この術式は後戻りしやすいという難点があります。なぜなら、目尻切開においてこの術式はシンプルに横に切って縦に縫うだけなので、皮弁を形成して皮弁の位置を入れ換えることがないからです。
他にも、嵌め込んだりする操作もないので、体の後戻りしようとする力に負けて目尻を切開した部分が水掻きのような形で元に戻るとされます。けれども、クリニックによって行っている目尻切開の術式が異なるとされ、目頭切開のW法に準じたデザインの方法を取るクリニックもあります。W法に準じて目尻の皮膚をW字型に切開して、ポケットの皮膚と粘膜を横に切開してから余分な部分の皮膚を切除します。
そして、真ん中の皮弁と粘膜を縫合して上下の皮弁を上下に開いて縫合するので、皮弁を上下に開く操作を行うことで目尻の外側に広がった分を上下に広げれます。ちなみに、目尻切開でまぶたが大きく腫れることがない上に、まぶたに伴う痛みとしてジンジンする痛みが1、2日伴います。目尻切開において、抜糸までの期間となる1週間は、創部に5cmほどの糸が数本付いていて、目尻が後戻りするのを予防するために眼の周りにテープで固定します。

W法に準じた目尻切開

W法に準じた目尻切開は、真ん中の皮弁と粘膜を縫合した後に上下の皮弁を上下に開いて縫合する方法になります。そして、皮弁を上下に開く操作を行うことで目尻の外側に広がった分を上下に広げることができるため、鳥の嘴のように外側にだけ広がることはありません。上下にもきちんと広がるので、自然に目を大きくすることが可能となります。
さらに、W法に準じた目尻切開は、皮弁を形成して皮弁の位置を移動させるので、嵌め込むデザインとなるので傷が直線ではなくジグザグになります。つまり、目尻の皮膚が後戻りしにくくなる上に、目尻の皮膚は目頭の皮膚に比べて肥厚性瘢痕になりにくいです。よって、W法に準じた目尻ので行っても正しいデザインで丁寧に手術すると、傷跡が殆ど目立たなくなります。
ちなみに、W法に準じた目尻切開は、傷跡が目立ちにくい影響により、まぶたがあまり腫れないとされます。また、目尻切開は元の目の形態次第によって、効果が出やすい人と効果が出にくい人に分かれます。
目尻切開はどの術式であっても、目尻の皮膚と粘膜のポケットを切開してポケットの部分を外側に広げる手術となります。なので、元の目のポケットが深いほど効果が出やすくなり、ポケットが浅いほど効果が出にくい傾向にあります。W法に準じた目尻切開でのまぶたの腫れ方において、まぶたに傷跡が殆ど残らないのでまぶたの腫れを抑えることができます。

Article List

2017年08月07日
傷痕の目立たない安心手術を更新しました。
2017年08月07日
第一印象で重要なのは目を更新しました。
2017年08月07日
目を大きく見せたいならまずはカウンセリングを更新しました。
2017年08月07日
手術後は絶対安静を更新しました。

Copyright(C)2017 目尻切開の腫れは適切な治療で早期収束! All Rights Reserved.