第一印象で重要なのは目

Category

Choices

第一印象で重要なのは目

» More...

傷痕の目立たない安心手術

» More...

目を大きく見せたいならまずはカウンセリング

» More...

手術後は絶対安静

» More...

目尻切開の手術後の腫れについて

女性にとって大きな目はとても魅力的に感じるものです。目が全体的に小さい感じや細い感じである人はどうしても目元によって冷たくキツイように見られることが多くなってしまいます。これは実際の性格がどうであるのかということではなく、見た目の印象でそうなってしまうということです。そのような人は「目尻切開」を検討すればどうでしょうか。
「目尻切開」という言葉だけと聞けばメスを入れて手術をすることが想像されて、ちょっと怖そうだし、術後は切開をした周辺がかなり腫れてしまうのではないかと心配することもあるでしょう。しかし「目尻切開」はほとんどの人は目尻をほんの少しだけ切開することだけで済みますし、手術にかかる時間も10分から30分程度です。
そのような軽い手術であるので、術後の腫れはほとんどの人は気にならない程度ですが、人によれば少し重度の腫れが出ないとは限りませんが、腫れが引けば後々までトラブルになることはほとんどありません。ほとんどの美容クリニックでは術後の顔のバランスを考えた「目尻切開」を施術しますので、切開後に顔のバランスに違和感を感じることはありませんし、切れ長で大きな目になることができるで、優しい顔立ちになることができます。

目尻切開で細い目とさよなら

目が細くて小さいとキツい印象を与えることになります。なぜなら、目尻からこめかみまでの間隔が長い影響により、肌面積が広くなって顔が大きく見えるからです。そのため、目尻切開によって目尻を少し切開することにより、切れ長で大きな目を作り出して顔全体のバランスを整えることができます。さらに、目尻を切開すると目尻から下まぶたへのカーブが緩やかになるので、細い目に悩まされなくなります。
また、切開手術の1つとなる目尻切開の施術時間は15分近くとなるので、ダウンタイムが取れない人には片目だけに目尻切開を施すのがお勧めされます。それは、手術後に眼帯をして腫れが引いた後に、もう片方の目の目尻切開を受けるという柔軟な対応ができるためです。ちなみに、目尻切開でのまぶたの腫れは、目尻切開を受けてから1週間経てば自然と腫れが引きます。
目を外側に広げる手術となる目尻切開は、術式やデザインによって仕上がりが変わります。目尻のポケットの部分の皮膚と粘膜を横に切開して縦に縫合する方法が、目尻切開で最も行われている方法となります。目尻を広げることはできても横に広がった分を上下に広げることはないので、綺麗に広がらずに鳥の嘴のように先が広がるだけになりやすいです。目尻切開を受けた後のまぶたの腫れにおいて、手術を受けてから1週間まぶたが腫れた状態となります。

Article List

2017年08月07日
傷痕の目立たない安心手術を更新しました。
2017年08月07日
第一印象で重要なのは目を更新しました。
2017年08月07日
目を大きく見せたいならまずはカウンセリングを更新しました。
2017年08月07日
手術後は絶対安静を更新しました。

Copyright(C)2017 目尻切開の腫れは適切な治療で早期収束! All Rights Reserved.