排水管更生をする必要性

排水管更生とはできるだけ、排水管を長持ちさせるために必要な工事です。というのも、排水管工事は大抵が大掛かりな工事になってしまうからです。ということでまず、工事をする際、下調べが必要になってきます。さらに依頼する業者によって料金が微妙に変化します。ここで大切なのが見積もりでしょう。勿論、無料査定では複数の業者でしておくと便利です。とにかく、排水管更生をしておけば排水管の寿命が延びます。大体、大掛かりの工事となると費用も時間もかかってしまいます。ということは更生をしておけば住宅維持費がおさえられるというモノです。さて、業者を選んだら次は現地の下見です。下見とかをきちんとしておけば更生もしやすくなります。さらに技術がしっかりしている業者に依頼すれば余計なトラブルに巻き込まれることもありません。だからこそ、複数の業者に相談しみることが大切です。

排水管更生のパイプライニング工法

マンション等の建物には、排水管等の設備が張り巡らされており、経年によって劣化してきます。それ故、時期に応じてメンテナンスが必要になるわけですが、全面的な配管の交換となると膨大なコストがかかってしまいます。また、工事が大掛かりになり工期も長くなるので、通常の水回りの使用が制限されてしまいます。そこで登場したのが、排水管更生工事で、配管を全面交換することなく、新品のように甦らすことが出来ます。その一つが、パイプライニング工法で、配管内のサビや水垢などを研磨した後に、特殊な樹脂を塗布します。それによって、サビを防ぎ配管内に汚れが付きにくくなるわけです。パイプライニング工法は、短期間で終了するので、居住者への負担が少なくて済みます。また、コスト面でも、配管交換に比べて格段に低く抑えれるわけです。また、この工法の技術は日夜進歩しており、材質の耐久性も向上しています。当工法には、配管内部を均一に保つ高い技術を要するので、実績のある業者に依頼することが大事になります。

排水管更生は色々な魅力があります

排水管は約20年程度耐えるとされています。なので長い期間放っておけばそれだけ耐年数も減っていきます。排水のつまりが悪かったり変な臭いがするなど様子がおかしければ、排水管の替え時です。ですが、新しいのに取り換えるとなると、費用と工事の手間がどうしてもかかってしまいます。この場合は、排水管更生することで取り換えする必要なく排水管の中をきれいに改善させることが可能です。方法としては、専用の研磨剤を配管に押し流して排水口で吸い上げる方法と、高圧ジェットで排水管内を洗浄をする方法があります。新調する場合、何日か公示する必要がありますが排水管更生は管内のその日のうちに排水管の汚れを取り払い、その日のうちから通常通り水道が使えるようになります。工事に手間がかかりませんし、価格も安く抑えられるので、大変便利な方法です。

NEW エントリー

記事はありませんでした

PAGE TOP ↑