排水管更生は排水管の延命工事

排水管更生というのは排水管の延命工事です。老朽化した排水管はこれまではほとんどは新品に交換をしていましたが、これでは工事の時間も何日もかかるし、費用も相当かかりすぎるという欠点がありました。そこで排水管がよほど腐食して穴だらけになるなど劣化していない限りは既存の排水管を利用して、その排水管の内側をコーティングする形で延命しようというのがこの工事の趣旨となります。この排水管の内側をコーティングする方法は何種類かありまして、樹脂でコーティングする方法、丈夫なビニール管でコーティングなどがあります。いずれにしても本工事の時間は事前調査の上で約1日程度と短く、その費用も半額以下で済ませられるなどのメリットがあります。なおこの工事ではいずれにしてもコーティングする前に排水管内部の錆や汚れを除去するための工事を必要とします。

排水管更生工事は計画的におこなう

排水管更生工事とは経年劣化により痛んだ排水管を再生し延命を図ることです。排水管は傷むと漏水や臭気が発生して住環境を著しく損ないます。一般的に配水管の寿命はおおよそ20年から30年と言われていて、使用状況やメンテナンス状況により劣化の進捗は大きく変り、長期の修繕計画に影響を及ぼします。理想的なメンテナンスは3年から5年間隔でおこなう高圧洗浄機などを使用した配水管の清掃や、15年から20年くらいで排水管更生の必要性を判断する検査をおこなうことです。更生工事で間に合わない漏水などの場合は、配水管の取り替えが必要になり、大規模な修繕工事が予想されます。排水管更生工事は排水管を取り替えることなく、漏水や臭気の原因を取り除き内部をキレイにします。メンテナンスや管更生は計画的に全体で行う事が望ましいです。

マンションの排水管更生の特徴

マンションの排水管工事は排水管更生と更新工事の2パターンが見受けられます。後者の入れ替えは排水管そのものを新しい品に変更することから、工事が拡大し必要なコストも多くなることがほとんどです。その一方で新しいため工事後長期間にわたって補償も得られ長持ちするわけです。前者は築年数が30年内であれば実行することができ、専門業者に一回見て頂いてから判断します。建築保全センターと言われている機関のハードルが高い基準を通過したシステムですので安定しています。保障についても工事後10年は付くことから利点は少なくありません。コストについてはマンション工事を行なう階層によって違いがありますが、数十万円位が相場であると言えます。いずれになるかは、依頼者サイドが選択できずに、配管状況や周辺環境に沿って安全性を考えて細心の注意を払って調査をするため、どちらかわからないのが現実の姿です。

NEW エントリー

記事はありませんでした

PAGE TOP ↑